田尻・三本木・松山・鹿島台ひまわりの丘

2013年5月30日 更新

多くの人が待ちわびる、三本木の夏の風景

 春は菜の花、夏はひまわりの花が咲き乱れるひまわりの丘は、昭和62年より本格的に栽培が始まり、多くの人々が訪れています。

 栽培面積6ヘクタールで42万本のひまわりは、北海道の北竜町に次いで日本で二番目の規模といわれています。

 春には「菜の花まつり」、夏には「ひまわりまつり」が開催されます。会場では、ひまわりの種を利用したひまわりの油・菓子・ひまわり麺等の特産品も販売されます。