鳴子温泉早稲田桟敷湯(公衆浴場)

2017年6月7日 更新

ゆったりできるモダン空間で湯浴みのひととき

 戦後間もなく掘削の実習で、早稲田大学の学生が堀り当てた温泉で、早稲田湯として町内外の人たちから親しまれてきました。

 掘削からちょうど50年目となった平成10年に早稲田大学石山修武教授の設計で全面改築されました。早稲田桟敷湯の泉質は、病気治療に用いられる療養泉に分類され、さまざまな症状に効果があります。

早稲田桟敷湯入口早稲田桟敷湯
※datefm大崎市情報ラジオ番組「オオサキユノラジ」で紹介しました(H29.5.25放送)